「大坂屋のものづくり」

100年先も使えるこだわりの家具づくりについて

「彩色」

1990年、4代目土屋強平が彩色を開発。それまでの軽井沢彫りには無かった色鮮やかな表現を実現しました。大坂屋の独自の技術をご紹介致します。

「大坂屋家具店 下の店」

山ぶどうの鞄や久留米絣、草木染の洋服など作り手の顔が見えるような確かな逸品を取り揃えております。

大切な想いを繋ぐ

祖母が大切に使った軽井沢彫。想いの詰まった家具を次の世代に受け継ぎたい。またライフスタイルの変化で家具を手放さないといけない。そんな想いを未来に繋ぎます。