軽井沢彫りの新しい色「草木染」

草木染の手鏡

開発から1年以上かかった新色「草木染」が完成致しました。この色は大坂屋家具店下の店で取り扱っている柿渋染や草木染のお洋服やストールなどを作っている京都の「みつる工芸」さんにお願いして作っていただきました。

みつる工芸さんは天然染料(草木染)染料化や染色まですべて手作業で行っています。また染色に使用する水は水道水ではなく、全て京都大原の山水を使用しています。

藍・茜・苅安・蘇芳・ログウッドなどで染められた手鏡はとても優しい色味に仕上がりました。

薄く透ける木目からは木の温かみを感じることができます。

こだわり溢れる一点もの

同じ材料と染料を使用しても1つ1つ違った色味で仕上がります。

手作業で行い、自然のものを使ってものづくりをする。

そのため同じものは2つとありません。

草木染の商品には葉っぱのマークがついています。

現在は手鏡だけの商品ですが、今後商品数を増やしていきたいと思います。

販売は店頭、催事会場のみ

こちらの商品は同じ色が再現できないほど繊細なお色のため、ご注文を頂く事ができません。

実物をご確認頂き、店頭や催事会場のみでの販売となります。

大変申し訳ございませんが、お品物の性質上、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

商品ラインナップ