商品紹介:彩色商品

2017年1月14日

軽井沢では本日も雪が降り、辺りは真っ白の銀世界ですが

工房では軽井沢彫りのピンクの桜が次々と咲いております。

 

 

彩色商品の製作を始めて15年程が経ちます。

その頃、軽井沢彫りは「赤茶色」や「木地色」と単色の製品ばかりでした。

 

「 現代のインテリアにもマッチする明るい色味の軽井沢彫り」を製作したい。

その思いが彩色商品の始まりです。

それから試行錯誤を繰り返し 完成した商品が 今の淡いピンク色を施した「彩色の軽井沢彫り」です。

会席盆/箸/箸置き

会席盆/箸/箸置き

6段彩色/桜/水面/オナガ

6段彩色/桜/水面/オナガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗師は木地による発色の違い見極め、その都度色をつくり

一輪一輪、グラデーションをつけながら丁寧に仕上げます。

 

天然の木がもつ木目や色味、木地師、彫刻師、塗師と何人もの職人の手を経て

1つとして同じものがない彩色商品が完成します。

IMG_4284

 

 

前のページへ戻る

ページトップへ