日常:2013年ハロウィンの季節がやってまいりました。

2013年10月29日

今年のハロウィンはいつものハロウィンとは少し違います。
【Karuizawa Halloween】に一部参加させて頂く事となりました。
注意:台風の影響を考慮し、軽井沢ハロウィンウォークは11月2日の開催となりました。

karuizawa-halloween001

karuizawa-halloween002
大坂屋家具店でも、軽井沢ハロウィンウォークに参加する
お子さんにお菓子を用意させて頂く事となりました。

そこで必要不可欠となるのが、『Trick or Treat』トリックオアトリートを
歓迎しているよ!と言う目印のJack-o’-Lantern(かぼちゃのランタン)です。
本日は、2点制作した【かぼちゃのランタン】のうち、1点をご紹介させて頂きます。

ものづくりの集団として、ただただカボチャを置くだけではつまらない…。
何か大坂屋家具店でしか出来ないランタンを作りたい、と考えておりました。
そんな時、工場の片隅で今にも薪ストーブにくべられそうなこの物体。

karuizawa-halloween003

段ボール箱に入っている【コレ】です。

karuizawa-halloween004

そう、【コレ】は鉋クズと言います。

karuizawa-halloween006

上の写真の【カンナ】と呼ばれる道具を使い
木地師が木地の表面を滑らかに仕上げる際に出る木くずです。

karuizawa-halloween005

鉋を手でかける作業は一朝一夕では身につける事が出来ないとても奥の深い技です。
こちらの大量の鉋クズを本店に持って帰って仕上げたのがこちら。

karuizawa-halloween007

カンナで削られた様々なクズを使用して
木の良い香りにつつまれたJack-o’-Lantern

こちらの【かぼちゃのランタン】に使用している鉋クズは
一枚を縦に何回も割いておりますが、
実際に出る手鉋の鉋クズはもう少し幅が広いんですよ。
ご来店の際にはぜひ実際に触れて、
その薄さ・職人の技を実感して頂ければと思っております。

頭頂部にあるクルクルと丸まった木クズも同じく鉋で仕上げた際のものです。
クルクルとした形も、後から形成したのではなく、
鉋から出てきたそのままを使用しています。

普段は誰の目にも留まらずに、工場で
暖をとるための燃料として消えてしまいますが、
この度はお店の一番目立つ場所に陣取っております。
いつもはお客様の目に触れる事のない、
家具つくりの一面を感じて頂ければと思います。

大坂屋家具店本店では、2013年10月31日
『Trick or Treat』トリックオアトリート・『ハッピーハロウィン』の合言葉で
ハロウィンのお菓子を差し上げます。
店頭のスタッフにお気軽にお声掛けください。
※お菓子の数は限りがございます、なくなり次第終了となりますので
ご了承くださいませ。

前のページへ戻る

ページトップへ