美智子さまとの思い出

2019年5月1日

平成の時代が終わり、本日「令和元年」になりました。新しい元号になり、歴史がまた一つ刻まれました。

今回は美智子様が大坂屋家具店にお越し頂いたお話をご紹介致します。

1977年(昭和52年)の夏、美智子様と紀宮様が大坂屋家具店の工房に見学にお越し頂きました。

紀宮様の伝統工芸の学習の一環として軽井沢彫りの制作過程をご覧頂きました。

その際に美智子様より「お針箱はできますか?」とご依頼を頂戴し、美智子様の描かれたスケッチを元にオーダーメイドのお品を製作させて頂きました。

こちらの写真は大坂屋家具店の社員全員とお写真を撮って頂いたものです。

その時に紀宮様がキーホルダーが欲しいとのことで女将が一緒にお店にお連れしたそうです。その写真には大坂屋家具店の現在の女将がいないという微笑ましいエピソードもございます。

新元号になり、新しい時代になっていきます。大坂屋家具店もより一層、皆様に喜んで頂けるようものづくりに励みたいと思います。

前のページへ戻る

ページトップへ