【出展情報】松坂屋名古屋店『日本の職人展』 11/29~

2017年11月08日

<会場> 大丸松坂屋百貨店 松坂屋名古屋店 本館7階 大催事場

<会期> 平成29年11月29日(木)~12月11日(月) 全13日間

<営業時間> 午前10時~午後7時30分 ※前期最終日12/5は午後5時閉場、後期最終日12/11は午後6時閉場

例年出展しております「日本の職人展」に本年も出展させて頂きます。

本年は前期後期両方の通期で出展しております。

今回も人気のテーブルセットやお仏壇、小物を多数お持ちさせて頂きます。

どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。

【商品情報】R付仏壇(彩色)がNHKあさイチに紹介されました

2017年08月01日

先日7月27日(木)にNHK「あさイチ」にて取り上げて頂きましたR付仏壇(彩色)について

お問合せを多数頂きまして誠にありがとうございます。

R付仏壇(彩色)の商品の特徴を少しお知らせさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この商品の彫刻は桜ではありますが、従来の軽井沢彫りの桜の彫刻とは異なり

より写実的な桜で表現しています。普段の桜の彫刻より倍以上、手をかけ

一つ一つの花の角度を考え、彫刻のボリュームが少ないながらも空白部分とのバランス

考えた構図になっております。

また仏壇のデザインにもこだわりがあり、本体と正面の扉にはR(曲面)がついており

扉を全開した際に扉と本体が一連の曲線になるようにしています。

 

 

 

 

 

 

これは緩やかな曲線がお部屋に優しい印象を与え、インテリア性の高いデザインに設計しています。

また彩色仕上げでは塗装職人が一つ一つ筆で色をつけています。同じ材料であっても同じ色味ではない

ため、木地の色に合わせて色を調整しております。

このようにこだわった商品の開発の背景には

「家族が明るい気持ちでお仏壇を使ってもらいたい」

そんな想いから生まれました。

現代の生活にあったデザインで、愛着がわき、毎日使いたくなるそんなお仏壇に仕上げました。

サイズやお色、オーダーも可能でございますのでお気軽にお問合せ下さいませ。

R付仏壇(彩色)商品ページは【こちら】

【メディア情報】7/27(木)「NHKあさイチ」TV出演のお知らせ 

2017年07月21日

7/27(木) AM8:15~9:54 「NHK あさイチ

NHKの朝の人気番組「あさイチ」に出演致します。

その土地ならでは(軽井沢)の情報発信「JAPA NAVI」の中で出演致します。

今回は軽井沢彫のお仏壇について約1分ほど放送される予定です。

お時間がございましたら是非ご覧下さいませ。

【NHK あさイチ公式HP】

JR軽井沢駅ホーム安全柵をデザインさせて頂きました。

2017年04月28日

この度、JR軽井沢駅のホームに軽井沢彫りを施した転落防止の安全柵が設置されました。
上り下りの各ホームに6枚ずつ(計12枚)軽井沢彫を施したガラスを製作させていただきました。

直接彫刻を施すことができないガラスにどのように軽井沢彫りの表現ができるか
軽井沢彫りを忠実に再現するため、彫り師と検討を重ね、製作を進めました。

試行錯誤のうえ、「軽井沢へいらっしゃった方をお迎えし、軽井沢から出発される方をお見送りする柵」が完成致しました。



2017年4月28日付信濃毎日新聞にて記事が掲載されました。

またJR軽井沢駅にある軽井沢彫は安全柵の他にもあるのはご存知でしょうか?
改札を出た所にある駅看板(一彫堂様作)、
また、改札内のベビー休憩室の中にも当社にて製作しました軽井沢彫の板額が設置されています。
入る機会の少ない場所ですが、小さなお子さんとお母さんが休憩室の中でも
木の温もり、軽井沢らしさの中で「ほっと」くつろぐことができる優しい空間になればと思っています。


新幹線で軽井沢にお越しの際は是非沢山の軽井沢彫を探してみて下さい。

最後に告知になりますが、4月30日(日)AM10時よりFM軽井沢(77.5MHz)の番組で今回のガラスの軽井沢彫の製作について弊社の職人がお話させて頂きます。
FM軽井沢が聞けない地域の方も、インターネットを介してラジオをお聞きいただけますので是非お楽しみにしてください!

FM軽井沢:http://www.fm-karuizawa.co.jp/

【メディア情報】12/22「和風総本家2時間SP」TV出演のお知らせ 

2016年12月15日

12/22(木) PM7:58~ テレビ東京系 「和風総本家 2時間スペシャル」

世界の思わぬ場所で活躍する日本製品を発見し、日本の職人と海外のユーザーとの心の交流を描く番組に出演させて頂きます。アメリカで発見した約60年前の軽井沢彫り。当社の家具が海外で代々大切に受け継がれ、使用されている様子を撮影頂きました。また、普段ご覧頂く機会が少ない工場の様子、一点一点大切に心を込め製作させて頂いている様子がご覧頂けます。お時間がございましたら、是非ご覧下さいませ。

「和風総本家HP」

161222_wafu_02_1 161222_wafu_05_1

【メディア掲載】 家庭画報8月号に掲載されました。

2016年07月06日

7月1日発売の家庭画報8月号に掲載されました。

軽井沢「100年企業」の特集にて弊社の記事と商品が掲載されました。

160627_next_02

IMG_3017

ぶどうの自然木テーブルやIチェア、弊社の職人「川崎一巳」を掲載して頂きました。

是非ご覧ください!

『家庭画報』2016年8月号は、7月1日(金)(関西・東海地区は6月30日)発売です。

【採用関連情報】木地師の仕事

2016年03月25日

現在、採用募集を行っている大坂屋家具店の木地師の仕事についてご紹介します。

軽井沢彫家具というと彫刻にスポットが当たりがちですが、実はその彫刻を行うための

家具を木地師が製作しています。

弊社でいう木地師というのはつまり家具職人です。そこで今回は三人の木地師に

大坂屋家具店の木地師の仕事の特徴について聞いてみました。

 

・「一品生産のオーダー家具が作れる」

aada-one

豊かな発想力を持つ木地師 和田康弘

「一品生産なので、そのお客様のためにより心を込めて家具が作れる楽しさがある。」

大坂屋家具店の特徴でもあるオーダー家具。注文の半数以上がオーダー家具で、

一人一品の家具製作を行っています。

量産家具の製造ラインと違って、毎回オーダー家具をつくるわけですから正確な技術、判断が求められます。

 

・「提案したデザインが商品化できる」

narita-01

抜群のデザイン力を持つ木地師 成田大佑

「一般の家具をデザインするのと違って彫刻との兼ね合いが難しいが、

自分の考えた商品がお客様に誉めて頂いたり、売れると嬉しいですね!」

大坂屋家具店では毎年社内で新作発表会を行っており、木地師、彫師、塗師、販売員など

全社員で新作デザインを提案する機会があります。そこで優秀作品に選ばれた担当者を

中心に商品化にむけて新作チームが発足され新しい商品づくりを常に行っています。

20160325150400_00001

2014年の新作発表会で発表した成田デザインの自然木テーブルとあぐらいす

自然木テーブルセット

そして自然木テーブルセットが商品化。2014年、2015年と人気ナンバー1商品に!

 

・「新しい事業にも挑戦!」

技1-b

安定感のあるベテラン木地師 小林正樹

「大坂屋の良い所はやる気があれば何でもできる。

自分が提案し、手掛けた商品がお店に並んで、お客様の元へ届けることができる。」

本当にやりたいことを実現できる環境が大坂屋家具店にはあります。

家具以外にも木工技術をいかした事業展開を行っています。

その一つとしてスピーカー事業があり、長野県地域産業活性化基金助成金事業

(平成27年度)に採択されスピーカー製品の開発が始まりました。

DSC_3708

一年間試行錯誤を繰り返したスピーカーがこの4月いよいよ販売開始!

 

最後に社長よりメッセージ

DSC_7005

浅間山のふもとにある「さくらの里工場」。軽井沢の広大な田園風景が広がる場所にその工場はある。

軽井沢彫家具を製造している木地、彫刻はここで製作される。

家具屋として木の仕入、木地製作、彫刻、塗装、販売、納品、修理と

一貫生産を強化するためにこの工場を建てた社長の想いを伝えたい。

P1000214

「伝統工芸にとどまらないで世の中、社会の動きにあった製品づくり、新しいサービスを提供したい。

家具にこだわるなら素材にこだわらない、木にこだわるなら家具にこだわらない、

そう考えると軽井沢彫はもっともっとできることがあるのではないかと考える。

言いたいことが言えて、やりたいことができる。それをお互いが評価する。

もしやる気がある人ならば他の会社より活躍できる場所は必ずある。

そんな会社に興味を持った方とお会いできることを楽しみにしています。」

 

2016年3月

代表取締役社長 土屋 強平

Webサイトリニューアルいたしました。

2013年08月01日

大坂屋家具店の公式Webサイトをリニューアルいたしました。
今後、より多くの商品情報やタイムリーな情報発信をさせていただきます。

軽井沢彫の家具をもっと知っていただきたい。
お客様にもっと私どものことを知っていただきたい。
お客様にもっとイメージを膨らませていただきたい。
そのような想いをもって更新してまいります。

最新情報を更新していきますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

ページトップへ