日常

商品紹介:ぶどうの取っ手

2017年01月29日

下の店の扉の「取っ手」をご覧頂いたお客様より

ご新居の引き扉の取っ手のご注文を頂きました。

 

何気なく、でも、毎日手にする取っ手は

彫刻の他、耐久性や握りやすさを考えてデザインされます。

そのデザインを基に、一本の木より「取っ手」の形に切り出します。

だいたいの形までは、電動で動く糸鋸を使用します。

見る見るうちに形になりますが、高速で動く鋸で切り出す作業は

とても危険で、熟練の技が必要な作業です。

取っ手切り出し

 

 

 

 

 

 

 

その後、今回はお客様のご希望で彫刻師により、ぶどう彫刻を施しました。

また、ブラックチェリーの扉に設置頂く取っ手の製作でしたので、

クリア塗装を施し、ご新居に設置させて頂きました。

取り付けもお客様の使いやすさを考え、打合せをしながら作業します。

取り付け2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様より「重厚感のある仕上がり」とお褒めの言葉を頂き、

木の温もりと職人の技による、世界で1つの取っ手の完成です。

取手5

商品紹介:彩色商品

2017年01月14日

軽井沢では本日も雪が降り、辺りは真っ白の銀世界ですが

工房では軽井沢彫りのピンクの桜が次々と咲いております。

 

 

彩色商品の製作を始めて15年程が経ちます。

その頃、軽井沢彫りは「赤茶色」や「木地色」と単色の製品ばかりでした。

 

「 現代のインテリアにもマッチする明るい色味の軽井沢彫り」を製作したい。

その思いが彩色商品の始まりです。

それから試行錯誤を繰り返し 完成した商品が 今の淡いピンク色を施した「彩色の軽井沢彫り」です。

会席盆/箸/箸置き

会席盆/箸/箸置き

6段彩色/桜/水面/オナガ

6段彩色/桜/水面/オナガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗師は木地による発色の違い見極め、その都度色をつくり

一輪一輪、グラデーションをつけながら丁寧に仕上げます。

 

天然の木がもつ木目や色味、木地師、彫刻師、塗師と何人もの職人の手を経て

1つとして同じものがない彩色商品が完成します。

IMG_4284

 

 

【支店情報】軽井沢彫ワークショップ開催のお知らせ

2015年09月29日

軽井沢彫ワークショップを開催いたします!
【軽井沢彫 一輪挿し製作ワークショップ】
2016年10月22日(土)
①  午前10時~午後1時
②  午後2時~午後5時日時
2016年10月23日(日)
③  午前10時~午後1時
④  午後2時~午後7時
※上記4回開催いたします。作業は3時間で終了予定です
ご都合のよろしい日程を1つお選びください。
場所:大坂屋家具店 下の店 2階ギャラリー
講師:小林正喜・川崎一巳(現役ベテラン彫刻師)
参加費:3800円(教材費含む)

10月15日~10月31日に開催される【軽井沢彫刻教室】作品展に合わせ
軽井沢彫を気軽に体験頂けるワークショップを開催致します。
彫刻刀を持ったことの無い方でも気軽に体験頂けるよう
弊社彫師がお手伝いを致します。

3時間で添付写真の一輪挿しをお持ち帰りいただけます
軽井沢彫を体験して頂ける年に1度のワークショップです。
この機会に是非、軽井沢彫を身近に感じて頂けたらうれしいです。

IMG_6667

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6669

 

 

 

 

 

 

 

 

※材料・道具に限りがあるため
参加人数を制限させていただいております
ご希望の方はお早めにご連絡下さいませ。
ご予約・お問合せはこちらまで
【大坂屋家具店】
電話:0267-42-2550
メール:karuizawa@osakaya-f.co.jp
担当:土屋 恵美

※お車でお越しの場合は、近隣の有料駐車場のご利用お願いいたします。
※お子様連れの場合、教室に参加される方以外に、
付き添いの大人の方がついていただくようお願いいたします。

【日常】より質の高い家具づくりをめざして。

2014年06月11日

この度、平成26年度JAPANブランド育成支援事業に採択されました。

一彫堂
軽井沢彫 シバザキ
内堀木工
大坂屋家具店

軽井沢彫家具組合に所属する上記4社で、様々な方の支援を頂きながら海外に挑戦する第一歩を踏み出そう!と動き出す事が決定致しました。組合に所属する事業所の全従業員数をあわせても50名にも満たないでしょうか、小さな小さな職人の集まりではございますが、日本国内ではもちろんのこと海外でも通用する質・デザイン性の高い家具づくりを、どこに出しても誇れる家具づくりを目指し挑戦してまいります。

このような大きなチャンスは、私達の力だけでは到底得る事が出来ませんでした。また、大変嬉しい事に協力を申し出て下さる方々もいらっしゃいます。全てのご協力を無駄にする事無く、どんな小さなチャンスも逃す事の無いよう、全力で取り組んで参ります。

お客様に『軽井沢彫を、大坂屋家具店を選んで本当に良かった。』と仰って頂けるよう、より質の高い家具づくりを目指し日々の作業に取り組んでまいります。

今後も活動の様子をご紹介させて頂きたいと考えております、お時間ございましたらどうぞお付き合いくださいませ。

(有)大坂屋家具店

日常:軽井沢に大雪が降りました 【2月14日編】

2014年03月04日

しばらく更新をお休みしておりましたが
この度の豪雪がひと段落した…、
と、言う事で再び軽井沢の様子・大坂屋家具店の様子を
皆様にご紹介していきたいと思います。

【2014年2月14日:ブログ担当私の一日】
忘れもしない2月14日からの軽井沢の様子をお伝えさせて頂きます。
『1メートルの積雪くらい大した事は無い、だって軽井沢は雪国でしょ?』
とおっしゃる方がいらっしゃるのですが…、
軽井沢は寒さは厳しいものの雪は少なく、ただただ冷え込む。そんな地域です。
おじいちゃんやおばあちゃん達も
『こんな大雪は見た事も無いし、聞いた事も無い!』と驚いておりました。

2月14日、私は朝から東京に行く予定となっておりました。
軽井沢から東京に到着するとすでに吹雪…。
あんなにも吹雪いている東京を見たことが無かったのでびっくりしてしまいました。
軽井沢に住んでいると車で移動する事が多く、雪の中を歩く…
そんな経験は滅多にする事がありませんので、少し新鮮な気さえ致しました。

2月14日午前11時tokyo
(2014年2月14日 午前11時 写真ではわからないのですが吹雪です)

天気予報とにらめっこをするうちに、
『新幹線が止まって軽井沢に帰れなくなるかもしれないっ?!』
と言う不安に駆られ、予定を切り上げお昼過ぎの新幹線に飛び乗りました。
軽井沢に到着した頃にはすでに真っ白な雪国、
20cm以の積雪がすでにあったのではないでしょうか?

この日は日が暮れて暗くなるまで出来る限りの雪かきを続け、
『明日は出勤前に雪かきしないと車が出せないなぁ』と
弱まる事無く降り続ける雪に不安を感じたまま眠りにつきました。
つぎの日の朝、あんな光景が待っているとは想像もつきませんでした。

この日は羽生結弦選手が金メダルを獲得した日でもあり(正確には15日未明)
羽生選手の演技を見た後、ふと外を見て
『雪が積もるスピードのあまりの速さに驚いたどころの話じゃない!』
と言っていた人も多くいました。

以下のデーターは気象庁の過去の気象データーより引用した
2014年2月14日の積雪の様子です。
積雪の記録2014年2月14日

 

日常:2013年ハロウィンの季節がやってまいりました。

2013年10月29日

今年のハロウィンはいつものハロウィンとは少し違います。
【Karuizawa Halloween】に一部参加させて頂く事となりました。
注意:台風の影響を考慮し、軽井沢ハロウィンウォークは11月2日の開催となりました。

karuizawa-halloween001

karuizawa-halloween002
大坂屋家具店でも、軽井沢ハロウィンウォークに参加する
お子さんにお菓子を用意させて頂く事となりました。

そこで必要不可欠となるのが、『Trick or Treat』トリックオアトリートを
歓迎しているよ!と言う目印のJack-o’-Lantern(かぼちゃのランタン)です。
本日は、2点制作した【かぼちゃのランタン】のうち、1点をご紹介させて頂きます。

ものづくりの集団として、ただただカボチャを置くだけではつまらない…。
何か大坂屋家具店でしか出来ないランタンを作りたい、と考えておりました。
そんな時、工場の片隅で今にも薪ストーブにくべられそうなこの物体。

karuizawa-halloween003

段ボール箱に入っている【コレ】です。

karuizawa-halloween004

そう、【コレ】は鉋クズと言います。

karuizawa-halloween006

上の写真の【カンナ】と呼ばれる道具を使い
木地師が木地の表面を滑らかに仕上げる際に出る木くずです。

karuizawa-halloween005

鉋を手でかける作業は一朝一夕では身につける事が出来ないとても奥の深い技です。
こちらの大量の鉋クズを本店に持って帰って仕上げたのがこちら。

karuizawa-halloween007

カンナで削られた様々なクズを使用して
木の良い香りにつつまれたJack-o’-Lantern

こちらの【かぼちゃのランタン】に使用している鉋クズは
一枚を縦に何回も割いておりますが、
実際に出る手鉋の鉋クズはもう少し幅が広いんですよ。
ご来店の際にはぜひ実際に触れて、
その薄さ・職人の技を実感して頂ければと思っております。

頭頂部にあるクルクルと丸まった木クズも同じく鉋で仕上げた際のものです。
クルクルとした形も、後から形成したのではなく、
鉋から出てきたそのままを使用しています。

普段は誰の目にも留まらずに、工場で
暖をとるための燃料として消えてしまいますが、
この度はお店の一番目立つ場所に陣取っております。
いつもはお客様の目に触れる事のない、
家具つくりの一面を感じて頂ければと思います。

大坂屋家具店本店では、2013年10月31日
『Trick or Treat』トリックオアトリート・『ハッピーハロウィン』の合言葉で
ハロウィンのお菓子を差し上げます。
店頭のスタッフにお気軽にお声掛けください。
※お菓子の数は限りがございます、なくなり次第終了となりますので
ご了承くださいませ。

日常:富士山と大坂屋家具店

2013年08月06日

日本の象徴、富士山が2013年6月22日に
世界文化遺産に登録され、初めての山開きを迎え
富士山は今登山シーズンまっただ中です。

今まで大坂屋家具店で働く8人が富士登山に挑戦し、
今年もまた2人が挑戦する予定となっています。
今年挑戦する2人のうちの1人、私が8月4日~5日にかけ、
富士山の頂上で御来光を拝むべく、富士登山に挑んでまいりました。

前々日までは天候にも恵まれず、過酷な登山だったと山小屋の方がおっしゃっていましたが、
私が挑戦した日は、時折雲に阻まれながらも、
夜には山小屋から遥か下に見える河口湖の花火を鑑賞し
降り注ぐかのような満点の星空を眺め、
素晴らしい御来光を見る事が出来ました。

fujisan001

暗い空が日の出に近づくにつれ、
深い青とオレンジのグラデーションにどんどんと変化し、御来光を迎えます。

fujisan004

山頂から遥か下に見える雲海はまるで飛び乗れそうなくらいフワフワとして
写真では伝えきれない特別な景色と感動を味わう事が出来ました。

fujisan005

こんなに高い場所でも小さな一歩一歩を積み重ねれば、
たどり着く事が出来てしまうのですね。

そんな特別な場所でもあり、日本の象徴でもある富士山の頂で
桜の花を咲かせてまいりました。

fujisan003

これからも、お客様に『軽井沢彫を選んで良かった』と
思って頂けるよう、努力を重ねて行こうと心を新たに致しました。

 

大坂屋家具店のものづくりの現場が見える!

2013年08月01日

ブログでは製作現場の様子や製作秘話をお伝えします。

大坂屋家具店では人の顔が見えるモノづくりを行っております、
お客様の大切な想いが詰まった家具が、職人の手によって丁寧に仕上げられていく。

さまざまな想いが重なって、家具は作られていきます。

その様子をブログを通して、
少しでもお伝えできればと思います。

軽井沢彫の家具情報だけでなく、大坂屋支店の和雑貨の情報も発信していきますので、
本店・支店ともどもよろしくお願いいたします。

ページトップへ