北海道の旭川に行ってきました。

2017年05月04日

北海道旭川市に銘木市の下見と材料の製材に行ってきました。

弊社の材料は旭川林産協同組合が主催する「北海道銘木市」、(通称「旭川銘木市」)で仕入れています。

この銘木市は年に12回開催され、取り扱う丸太の量が国内最大級の木材の市場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この会場だけではなく、第二会場もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気のブラックウォールナット。ひと際大きいのが印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の詰まった綺麗なナラ材。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広葉樹の女王と呼ばれるマカバもありました。

原木の丸太を仕入れることはリスクがあります。丸太を切ってみると中に節や穴があったり、腐食していたり、

外国材の場合、鉄砲の弾や金属が混入していたりと製材してみないとわからないことも多々あります。

それでも大坂屋が原木の丸太にこだわるのは一から品質管理ができ、材料を天然乾燥するため。

北海道で原木を仕入れ、製材を行い、3年~5年間天然乾燥させる。

そして軽井沢で2年乾燥させて、そこから初めて製品づくりのために木取りを行う。

「自信をもってお客様にご提供できる材料であること。」これが大坂屋家具店のこだわりです。

 

この銘木市で仕入れた材料を毎年北海道に出向き、賃引(ちんびき)を行っています。

今回賃引した材料はチェリー材。

丸太一本一本の状態を見て、その場でどれくらいの厚みで切るか指示をだします。

節が出たり、穴が開いていたり、良い木目が出てたりと、木は個性があり全く同じものはありません。

製材屋さんからすると面倒なことだと思いますが、これもご理解のある業者様のおかげで成り立っています。

いよいよ製材が始まります。(下記の再生ボダンを押すと約1分動画が流れます)

丸太を切ってみるまでドキドキしましたが、とても綺麗な木目でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回賃引した材料が軽井沢に来るのは早くても東京オリンピックの頃でしょうか。

次に会えるのがとても楽しみです。

 

 

商品紹介:桜舞う楕円トレー

2017年04月24日

「桜舞う楕円トレー」

軽井沢彫りの代表的なモチーフ「桜」彫刻を施したトレーのご紹介です。

 

大きさは幅21.5cm 奥行15.5cm と少し小ぶりなトレーです。

御来客の折、お茶とお菓子を載せ お出しするのにちょうど良いサイズで

自然の木がもつ温もりと、繊細な桜彫刻がお茶の席を優しい雰囲気に演出してくれます。

 

 

玄関先で鍵などの小物を置く忘れな盆として、

時計やアクセサリーの一時置きとしてもお使い頂けます。

 

【桜舞う楕円トレー】

サイズ:21.5cm × 15.5cm

価格:茶色 ¥9,180(税込)

木地色に彩色 ¥9,720(税込)

【桜葉銘々皿】

サイズ:10.5cm × 7cm

価格:茶色 ¥3,240(税込)

木地色に彩色 ¥3,564(税込)

 

商品紹介:透かし本箱 葡萄・リス彫刻

2017年03月17日

先日「葡萄とリス」の彫刻を施した透かしの本棚を製作し、納品をさせて頂きました。

 

昔から、大きな実をたっぷり実らせる「葡萄」と子だくさんの「リス」が描かれた構図は幸せの象徴として描かております。

また、日本でも武道(葡萄)に律す(リス)と語呂合わせがあり、好まれていたそうです。

 

軽井沢の銀座通りから少し裏道に入ると、沢山の野生のリスが暮らしています。

散歩の途中「カサカサ」と音がした際は、地面や樹を注意深く探してみてください。

小さな体にフワフワのしっぽのリスに出会るかもしれません。

商品紹介:ぶどうの取っ手

2017年01月29日

下の店の扉の「取っ手」をご覧頂いたお客様より

ご新居の引き扉の取っ手のご注文を頂きました。

 

何気なく、でも、毎日手にする取っ手は

彫刻の他、耐久性や握りやすさを考えてデザインされます。

そのデザインを基に、一本の木より「取っ手」の形に切り出します。

だいたいの形までは、電動で動く糸鋸を使用します。

見る見るうちに形になりますが、高速で動く鋸で切り出す作業は

とても危険で、熟練の技が必要な作業です。

取っ手切り出し

 

 

 

 

 

 

 

その後、今回はお客様のご希望で彫刻師により、ぶどう彫刻を施しました。

また、ブラックチェリーの扉に設置頂く取っ手の製作でしたので、

クリア塗装を施し、ご新居に設置させて頂きました。

取り付けもお客様の使いやすさを考え、打合せをしながら作業します。

取り付け2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様より「重厚感のある仕上がり」とお褒めの言葉を頂き、

木の温もりと職人の技による、世界で1つの取っ手の完成です。

取手5

商品紹介:彩色商品

2017年01月14日

軽井沢では本日も雪が降り、辺りは真っ白の銀世界ですが

工房では軽井沢彫りのピンクの桜が次々と咲いております。

 

 

彩色商品の製作を始めて15年程が経ちます。

その頃、軽井沢彫りは「赤茶色」や「木地色」と単色の製品ばかりでした。

 

「 現代のインテリアにもマッチする明るい色味の軽井沢彫り」を製作したい。

その思いが彩色商品の始まりです。

それから試行錯誤を繰り返し 完成した商品が 今の淡いピンク色を施した「彩色の軽井沢彫り」です。

会席盆/箸/箸置き

会席盆/箸/箸置き

6段彩色/桜/水面/オナガ

6段彩色/桜/水面/オナガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗師は木地による発色の違い見極め、その都度色をつくり

一輪一輪、グラデーションをつけながら丁寧に仕上げます。

 

天然の木がもつ木目や色味、木地師、彫刻師、塗師と何人もの職人の手を経て

1つとして同じものがない彩色商品が完成します。

IMG_4284

 

 

商品紹介:姫鏡台 ハナミズキ彫刻

2017年01月08日

軽井沢彫と言えば「桜彫刻」というイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、

大坂屋では桜彫刻以外のオーダーも承っております。

 

「大切な方への贈り物」

先日ご注文頂いたハナミズキの彫刻を施した姫鏡台です。

IMG_3890

 

 

 

 

 

 

店頭にて彫刻師を交え、デザイン・仕様の打合せをさせていただきました。

その際「抽斗を開けた際にも笑顔になってもらいたい」とのご要望で

抽斗の奥にもピンクのハナミズキの彫刻を施しました。

IMG_3885

 

 

 

 

 

 

想いの詰まったプレゼントの製作中は不思議と皆、笑顔が多くなるようでした。

 

当社では桜以外の彫刻も承っております。

どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

【支店情報】軽井沢彫ワークショップ開催のお知らせ

2015年09月29日

軽井沢彫ワークショップを開催いたします!
【軽井沢彫 一輪挿し製作ワークショップ】
2016年10月22日(土)
①  午前10時~午後1時
②  午後2時~午後5時日時
2016年10月23日(日)
③  午前10時~午後1時
④  午後2時~午後7時
※上記4回開催いたします。作業は3時間で終了予定です
ご都合のよろしい日程を1つお選びください。
場所:大坂屋家具店 下の店 2階ギャラリー
講師:小林正喜・川崎一巳(現役ベテラン彫刻師)
参加費:3800円(教材費含む)

10月15日~10月31日に開催される【軽井沢彫刻教室】作品展に合わせ
軽井沢彫を気軽に体験頂けるワークショップを開催致します。
彫刻刀を持ったことの無い方でも気軽に体験頂けるよう
弊社彫師がお手伝いを致します。

3時間で添付写真の一輪挿しをお持ち帰りいただけます
軽井沢彫を体験して頂ける年に1度のワークショップです。
この機会に是非、軽井沢彫を身近に感じて頂けたらうれしいです。

IMG_6667

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6669

 

 

 

 

 

 

 

 

※材料・道具に限りがあるため
参加人数を制限させていただいております
ご希望の方はお早めにご連絡下さいませ。
ご予約・お問合せはこちらまで
【大坂屋家具店】
電話:0267-42-2550
メール:karuizawa@osakaya-f.co.jp
担当:土屋 恵美

※お車でお越しの場合は、近隣の有料駐車場のご利用お願いいたします。
※お子様連れの場合、教室に参加される方以外に、
付き添いの大人の方がついていただくようお願いいたします。

支店情報:支店の改装が完了致しました

2014年09月23日

昨年同様、夏の間更新を怠っておりましたが
賑やかな夏が終わりを迎え、軽井沢も
ゆったりとした秋の気配を感じるようになりました。

『今年出来た新しいお店ね。』と声を掛けて頂く事が多いのですが
昨年より耐震補強工事のため一時閉店をしておりました
大坂屋家具店支店の改修工事が
8月にようやく終了致しましたのでご紹介させて頂きます。

一番大きく変わった点は、
ヴィンテージの軽井沢彫を店頭でご紹介している事です。
先人の軽井沢彫職人達の技を後世に受け継ぐために
今私たちに出来る事は何かと考えておりました。
そこで、古い軽井沢彫・不要になった軽井沢彫を買い取らせて頂き
その家具の特徴、風合いを損なわないよう丁寧に修理を施し
再び大切に受け継いで頂ける方を探そう。
そんな思いで古い家具を【大坂屋家具店 下の店】店頭にて
ご紹介させて頂く事となりました。

ヴィンテージの軽井沢彫家具は沢山はご紹介出来ないので
店頭にあるものはほんの数点ではございますが
お気軽にお問合せくださいませ
スタッフが1点1点ご説明させて頂きます。

それでは、新装開店【大坂屋家具店 下の店】をご紹介致します。

店頭001

新しい【大坂屋家具店 下の店】の顔です。
左手の丸窓には軽井沢彫の代表的なモチーフでもある
桜のタぺガラスをはめ込みました。
軒下では今、コスモスが元気にお客様をお迎えしております。

1階001

1階002

1階には弊社工房で職人が1点1点制作した軽井沢彫家具・小物
その他、山葡萄・あけび・胡桃・桜・竹・籐などの自然素材で
職人の手により制作された籠バッグや、素材にとことんこだわり
制作された作家もののお洋服を展示しております。

階段001

そして、奥にある階段を上ると、
今までの店舗には無かった2階があります。

2階001

2階002

吹き抜け001

2階には軽井沢彫家具はもちろんの事、
アンティークの食器やシェードを展示しております。
また、2階はイベント・ギャラリースペースとしております。
今は、長野県出身の服飾作家による個展を9月30日まで開催しております。

旧支店

こちらが以前の支店の店内です。
扱っている品物はほぼかわらないのですが…。
まるで別のお店に見えますね。

今後も【つくり手の顔が見える商品を】と言う考えを大切に
より良い製品をご紹介するべくスタッフ一同努力してまいります。
軽井沢にお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

写真:齋部 功

支店情報:こだわりの山葡萄職人【材料の採取編】

2014年06月14日

『島田 司』長野県で山葡萄の籠を制作しています。
彼が作り出す作品の品質の高さ、
ものづくりに対する姿勢に魅了され
私が惚れ込んでいる職人の一人です。

この度、幸運な事に何も無い状態から、籠が一つ仕上がるまでの
数日間に亘る制作の工程を間近で見る事が出来、
また一層惚れ直してしまいました。
今回はその島田の籠をご紹介させて頂きたいと思います。

山葡萄の籠バッグの制作は材料となる蔓の採取から始まります。
『材料を採る時点でどんな籠が仕上がるかが決まるんだよ。』
と島田が言うように、1年で良い蔓が採取出来るのはほんの限られた期間のみ。
欲張ってその時期を外れた材料をいくら採っても
決して良い籠を仕上げる事は出来ないそうです。

材料の採取を他の人間に任せている職人が多い中、
島田は自身で山に入り、籠の仕上がりを頭に描きながら材料を採取しているそうです。
一度、『島田さん、編む技を持ってるんだから材料取ってきてもらえば?』
と冗談交じりに聞いた事があるのですが、人に任せると自分の籠に使える基準の蔓を選び出すのに
多くの時間を割かなくてはいけない上に、無駄が出すぎて仕事にならない。
自分の納得のいく材料は自ら山に入り選び出す。それが彼のポリシーだそうです。

shimada001
この手から『シマダの山葡萄』は生み出されます。

『もぉ、大変なんだから(笑)』
と言うように、梅雨の時期の山は虫は沢山いるし、蒸し暑いし、
露で濡れた葉や蔓が体中にまとわりつし、蜂はいるし、熊はいるし…。
とにかく、良い蔓を採るには忍耐力と忍耐力、そして経験が必要だそうです。

shimada002
下準備が済んだ蔓は節がほとんど無く、均一に切りそろえられ見事なほどに綺麗です。

島田の籠の大きな特徴と言うと何と言ってもこの繊細な細工。
細かく、細かく編みこまれた三つ編みを贅沢に使用しております。
自然素材を使用した籠バッグはその素材ならではの
ざっくりとした素朴な印象になりがちですが、
繊細な印象が丁寧な細工から生み出され、ワンランク上の
おしゃれ使いのバッグとしても遜色無くお使い頂けます。
また、三つ編みならではの独特の凹凸感がこれからの経年変化を
より楽しくしてくれる魅力の一つです。
shimada006

強い、強いこだわりに支えられた緻密で美しい山葡萄の籠バッグです。

次回は籠を編む様子を少しだけご紹介させて頂きます。

【日常】より質の高い家具づくりをめざして。

2014年06月11日

この度、平成26年度JAPANブランド育成支援事業に採択されました。

一彫堂
軽井沢彫 シバザキ
内堀木工
大坂屋家具店

軽井沢彫家具組合に所属する上記4社で、様々な方の支援を頂きながら海外に挑戦する第一歩を踏み出そう!と動き出す事が決定致しました。組合に所属する事業所の全従業員数をあわせても50名にも満たないでしょうか、小さな小さな職人の集まりではございますが、日本国内ではもちろんのこと海外でも通用する質・デザイン性の高い家具づくりを、どこに出しても誇れる家具づくりを目指し挑戦してまいります。

このような大きなチャンスは、私達の力だけでは到底得る事が出来ませんでした。また、大変嬉しい事に協力を申し出て下さる方々もいらっしゃいます。全てのご協力を無駄にする事無く、どんな小さなチャンスも逃す事の無いよう、全力で取り組んで参ります。

お客様に『軽井沢彫を、大坂屋家具店を選んで本当に良かった。』と仰って頂けるよう、より質の高い家具づくりを目指し日々の作業に取り組んでまいります。

今後も活動の様子をご紹介させて頂きたいと考えております、お時間ございましたらどうぞお付き合いくださいませ。

(有)大坂屋家具店

日常:軽井沢に大雪が降りました 【2月14日編】

2014年03月04日

しばらく更新をお休みしておりましたが
この度の豪雪がひと段落した…、
と、言う事で再び軽井沢の様子・大坂屋家具店の様子を
皆様にご紹介していきたいと思います。

【2014年2月14日:ブログ担当私の一日】
忘れもしない2月14日からの軽井沢の様子をお伝えさせて頂きます。
『1メートルの積雪くらい大した事は無い、だって軽井沢は雪国でしょ?』
とおっしゃる方がいらっしゃるのですが…、
軽井沢は寒さは厳しいものの雪は少なく、ただただ冷え込む。そんな地域です。
おじいちゃんやおばあちゃん達も
『こんな大雪は見た事も無いし、聞いた事も無い!』と驚いておりました。

2月14日、私は朝から東京に行く予定となっておりました。
軽井沢から東京に到着するとすでに吹雪…。
あんなにも吹雪いている東京を見たことが無かったのでびっくりしてしまいました。
軽井沢に住んでいると車で移動する事が多く、雪の中を歩く…
そんな経験は滅多にする事がありませんので、少し新鮮な気さえ致しました。

2月14日午前11時tokyo
(2014年2月14日 午前11時 写真ではわからないのですが吹雪です)

天気予報とにらめっこをするうちに、
『新幹線が止まって軽井沢に帰れなくなるかもしれないっ?!』
と言う不安に駆られ、予定を切り上げお昼過ぎの新幹線に飛び乗りました。
軽井沢に到着した頃にはすでに真っ白な雪国、
20cm以の積雪がすでにあったのではないでしょうか?

この日は日が暮れて暗くなるまで出来る限りの雪かきを続け、
『明日は出勤前に雪かきしないと車が出せないなぁ』と
弱まる事無く降り続ける雪に不安を感じたまま眠りにつきました。
つぎの日の朝、あんな光景が待っているとは想像もつきませんでした。

この日は羽生結弦選手が金メダルを獲得した日でもあり(正確には15日未明)
羽生選手の演技を見た後、ふと外を見て
『雪が積もるスピードのあまりの速さに驚いたどころの話じゃない!』
と言っていた人も多くいました。

以下のデーターは気象庁の過去の気象データーより引用した
2014年2月14日の積雪の様子です。
積雪の記録2014年2月14日

 

商品紹介:マンション用表札 彩色 【お客様の声編】

2013年12月03日

『彩色でマンション用の表札を制作したい』とのご依頼を頂戴致しました。
ご依頼を頂いた時の様子から完成までをご紹介させて頂きましたが
今回の【お客様の声編】で最終回となります。

1.マンション用表札 彩色 【ご依頼編】
2.マンション用表札 彩色 【ご提案編】
3.マンション用表札 彩色 【木地制作編】
4.マンション用表札 彩色 【彫刻編】
5.マンション用表札 彩色 【完成編】

先日、遂に完成しお客様にお届けしたこちらの表札。
大変うれしい事にご注文頂いたお客様より感想のメールを頂き、
ブログにて紹介させて頂いてもよいとのお言葉を頂戴致しましたので
ご紹介させて頂きます。

マンション用表札001

K様より、お客様の声

この度は、彩色の表札を作成していただきありがとうございました。

実際に完成したものは、手触りも良くイメージしていた以上にステキな仕上がりになっていました。
彩色の色も木と合っており、かわいい雰囲気になりました。
 
表札はずっと使うものなので絶対に木で作りたいと思っており
色々な表札を探してましたが、自分のイメージしているものがなくてあきらめていました。
とある縁で大坂屋さんの軽井沢彫を知り、実際に軽井沢彫の家具をお店で見せていただたときに
手触りや手掘りの良さに一目惚れしてしまいました。
 
お店で見せていただいた表札は、長方形でシックなものでしたが
どうしても、角丸の正方形で明るい表札が作りたくて相談したところ風雨の当たらないところなら
大丈夫だということだったのでお願いしました。
木の種類や柄など自分で選ぶことができ、オリジナルの表札が作れて楽しかったです。
 
表札だけでなく、他の家具も欲しくなりました。

ありがとうございました。

私共の凝り固まった頭の中には
今回のような新しいデザインの表札の発想が無かったため、
K様のご依頼によって新しい視点を持つ事が出来ました。
本当にありがとうございます。

この度、ブログにてご紹介させて頂いたように
表札だけでは無く、家具製作においても
お客様の『こんな家具が欲しいんだけど…。』と言う要望に
応えるべく、相談に乗らせて頂けましたら幸いです。

店頭にて、販売スタッフ・職人にお気軽にお声を掛けて下さいませ。
また、メール・電話・ファックスでのご注文・ご相談も承っております。

1.マンション用表札 彩色 【ご依頼編】
2.マンション用表札 彩色 【ご提案編】
3.マンション用表札 彩色 【木地制作編】
4.マンション用表札 彩色 【彫刻編】
5.マンション用表札 彩色 【完成】
6.マンション用表札 彩色 【お客様の声編】

注意:この度ご紹介させて頂きます表札は
ご依頼頂いたお客様のお名前、部屋番号ではなく、
見本として店頭に置くために制作するサンプルの
写真・図面をご紹介させて頂きます、ご了承下さいませ。

また、実際の作業工程とブログにて紹介しております日時は
必ずしも一致いたしません、予めご了承くださいませ。

1 / 3123

ページトップへ